So-net無料ブログ作成

11/29 検査 [高次脳機能障害]

今日こそ最後の最後の血管造影検査この検査は血管破裂の恐れがあるため

病院に常時いなくてはならない。

でも最後の血管の検査だから早く終わるって言ってた。

2時に検査室へ。

姑と二人でたわいもない話をしてたら「Kさ~ん 終わりました。」

早っ

1時間なんてあっという間なんだって初めて感じた。

その前は8時間待ちだったから・・・・

戻ってきた彼はすっきりした顔してた。

看護士さんは「Kさんに今の気分は~って聞いたら 『最高』って言ってました。」

で彼に今の気分は?「おしっこしたから最高!」

結構我慢して 検査が終わる最後の最後に「おしっこ」ってなったらしい。

たぶん検査室は結構寒い部屋だからそれに手術儀1枚だから冷えておしっこしたかったんだろうな~

そして先生が一緒に来た。

先生「検査はうまくいきました。結果もとてもいいものでした。写真がまだ上がってこないのと今日は説明できる時間がないので明日の5時でお願いします。明日いい報告の説明します。」

ってなんか結果話された気がするんだけど・・・・

まっいっか本当に正直な先生・・・

いい話って言っちゃってるし。

これでとりあえずは心配はなくなりそう・・・・

でもまだシャント機能不全を絶対起こさないとも限らない。

骨の炎症を起こさないってことも限らない。

でもでもとりあえずいいのかな~安心して。

これからリハビリとか大変だけどがんばろっと。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

11/27 リハビリ

今日は先生から説明があった。

先生いわく・・「奥さんの前だとたくさん話すんですよね~?私には話してくれないんです」って・・・

そ~なんだ・・・私の前だと今日も「離婚してやるよ」なんて言い出して

私がいじけ始めると・・・彼は「うっちょ~ん」って

そんな冗談も言えるし・・・私がチューしようとするとクシャミをするフリをする・・・(チュー回避!)

そして今日聞いてみた

私 「何で先生と話しないの?」

彼 「めんどくさい」

私 「めんどくさいじゃだめだよ!」

彼 「どんなやつ?」

私 先生の顔と特徴を言う

彼 「顔がヤダからだ!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

16日の手術から2ヶ月以内にリハビリセンターへの転移の話。

って事は・・・

病気との格闘は終わりに近づいてる!!

胸躍る~って気持ちとともに8ヶ月お世話になった看護士さんとお別れなのかなって

ちょっと寂しくなった。

その病院とつながったリハビリセンターは山梨にあるという。

山梨・・・遠い。

信頼できる看護士さんが今夜の担当だったのでちょっと相談。

すると・・・・

特にここの病院が指定した病院へ行かなくてもいいとの事。

ソーシャルワーカーさんに頼めば

私の状況と彼にあったリハビリセンターを選んでもらえるという。

ここの病院のソーシャルワーカーさんは特に親身になってさがしてくれるという。

看護士さんがそういうなら特に限定して山梨へ行く必要もないのかなって思っている。

私の希望は彼の友達が彼に会いに来れる距離を考えてる。

私の仕事と私の生活で考えたら私の実家の側でって姑は言ってくれた。

うれしいけどそれは違う気がするなぁ~

彼の環境がどれだけ友達の側に居れるか が重要。

今まで友達がお見舞いに来てくれて本当に毎回うれしそう。

絶対言い刺激になってる。

そうそう驚いたのが昨日イラク人の友達が来てくれた

国際的!!

ってかその友達は先輩の友達・・・・で友達になった。

いい人イランイラク戦争を経験している人だった。

17歳の時に戦争に行ってるって・・・・

昼一緒にご飯を食べた友達が夜には戦死して居ないって・・・

すっごい経験をしている。

だけど・・・だから?

とてもとてもやさしくてやさしくて

彼は H~といって手を差し出して泣き出した。

まるでとても会いたかった人にやっと会えたみたいなカンジだった。

なんかTVで見る 何年後の再会のシーンのようだった。

何度も何度もH~といっては手を差し出してた。

そして私にイラク人のHを指差しては「H(名前)」と教えてくれた。

でも彼の方が顔が濃かった。勝!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

11/25 リハビリ

今日は久々に一緒にリハビリに行った。

やはり予想以上に左は動かない。

でも先生は必死に彼を歩かせてくれる。

彼はやる気があるのかないのか。。。ホケ~~ッとしてる。

きっとやる気はあるに違いない。

一緒に見ていた姑が泣いていた・・・・・。

「手術して1週間もたっているのに・・・あれしか動かないのかしら??」

この辺の違いなんだよね。

私は「手術してまだ1週間」

姑は「手術してもう1週間」

この違いは大きい。でもでも1週間・・・で大きなアレだけの大きな手術をして

8ヶ月寝たきりで・・・手術が終わったから歩けってのはハードルが高くないか?

それに先生は脳が腫れてるかもっていってたんだよね?

と聞けば「あの先生達の言うことなんか信じられるもんですか

イライラしちゃいけないって自分に言い聞かせるけど・・・どうもイライラした態度で姑に接してしまう。

私「そんなこと言ったてここまできたんじゃないですか早すぎですよ!動かない判断するのは!」

って思わず強く言ってしまった。

イライラしたくないのに・・・。

姑のイライラがうつる・・・・・・。

気持ちは本当にわかるよ。でも私達があせっても仕方ないことなのに・・・・。

どうして解ってくれないのかな。。。。

母親なら逆に私達を励ますぐらいでいてほしいのに・・・

重いよ・・・・。

でもそんな重みも彼が吹き飛ばしてくれる。

私 「ね~ね~私と結婚してよかったとこ言って!」

彼 「こうやってつかまった時」

私 「?ん?つかまった?誰に?」

彼 「中国」

私 「・・・・」

今日は K一くんが来てくれた。

8月以来だ~名前を忘れちゃったので彼に「おおお誰か来たよ~だ~れ~?」

って聞いちゃったよ。ごめんね。K一くん・・・・。

心配無用に彼はきちんと名前を教えてくれた・・・。

しかし

彼 「早く帰らないとつかまるよ!」

私 K一くん 「へ?誰に捕まるの?」

彼 「北朝鮮」

K一くん 「しかし奥さん偉いよね~ほんとK(彼)うらやましいよ」(←見たいな事を言ってくれた。)

私 「Tちゃ~ん(彼)K一くんに 『そーなんです!いい嫁なんです~』ぐらい言ってよ!」

彼 K一くんを見て 「逃げて!」

K一くん 「え?なんで逃げるんだよ

彼 「つかまるよ」

K一くん 「誰にだよ」

彼 「北朝鮮」

だめだこりゃ・・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さてK一くんが帰るとき彼は・・・・

ぶわ~~~っと泣き出した。

おおっ久しぶりだな~この感情・・・

K一くんは申し訳なさそうに帰った。

彼はなかなか泣き止まない・・・・

ギューって抱きしめてあげた。。。すると

小さな声で 「帰りたい・・・・」

帰れるよ~~~もうすぐホントもうすぐ帰れるよ~

がんばろう!

つれて帰りたい・・・

ってかもしかして北朝鮮にいると思ってるの?????

そりゃ~帰りたいよ!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

11/24 菌

今日病院へ行くと姑が先生から少し話を聞いていたようだ。

その話は~

もう傷は感染症を起こす心配はなくなりました。

って!!!!!

うっほっほっほっほ~い

し・か・し

まれに6ヶ月後などに炎症を起こす人はいますまれに

どうか・・・そのまれになりませんように・・・・

そして左が動かない言葉を発しないのことについては・・・

少し脳が腫れてるかもしれないので、腫れを押さえる点滴をしましょうって事で

今日からその点滴も始まった。らしい

その腫れはいつかおさまるのだろうか・・・・?

おさまれ!腫れ!

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

11/23 不安 [高次脳機能障害]

今日は奇形を摘出してから1週間・・・・

感染と思われる血液中の数値も上がってなく安定している。

ただ夜熱が少し上がる・・・。

手術後。。大きな心配にぶち当たった。。。

左が弱くなってる。

確実に弱く・・・

トイレに自分で立って歩いて行ってたのに・・・

歩くことすら出来きない・・・

仕舞いには右も痛いと言い出した・・・。

どうなっちゃうんだろうってすごく大きな不安が膨らんだ・・・・。

考えても考えても苦しくなるばかり。

家では・・・何で一人なんだろう私は・・・・とか。。。

彼の元気な頃のことばかり思い出す。

急に苦しくなる・・・

眠れなくなる・・

彼はきっともっと不安に違いないよ。

今日は立てなかったことに少々不安を感じていたみたい。

リハビリすればきっと大丈夫だから。。。と元気づける。

がんばろう

絶対がんばろう

私がへこたれたらいけない


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

11/20 説明 [高次脳機能障害]

今日は午前中先生の説明があった。

説明の前に彼に会いたかったから早めに行った。

でもちょうど忙しい時間に行ってしまったようで中になかなか入れなかった。

でも看護士さんたちは急いで準備して彼との時間を作ってくれた。

主任の看護士さんは私たちと同じ年で結婚している。

その看護士さんは「やっぱり私も主人が入院したら二人っきりにして欲しいからすぐ出ますね~」

って言ってくれた。涙が出るかと思った。こんちくしょ~うれしいじゃね~かい。

気がつくと頭の管が抜けていた

あああこれで自由に動ける~動脈の点滴も取れたし~

後はおしっこの管ね!と思っていたら管も抜きますと言ってくれた~

やややややや~自由よ!Freedom!

車椅子に乗って談話室へGO!

すると・・・「うんち」

ええええええええええええ~

二人でトイレへ・・・・結構意識もしっかりしてたからオムツにうんちをするのは

抵抗があったのかうんちを我慢していたみたい。

左は動いてもやっぱり力がないから私がお尻を拭いてあげる

おっ うんちが手に!

でもでも うんちが手についたって全然へっちゃら~

大好きな彼のうんちだも~ん

そんな手で彼を介護~ほほほほほ~

っと頭がおかしくなりつつ・・・・

先生の説明

CTの結果異常はありません。とても順調です。

脳出血の心配もないでしょう。でも造影剤の検査はもう一度行います。

血液の検査結果も良くなってきています。

ただ・・・感染の心配は今後も続きます。

との事・・・感染の心配はずっとしてるから。。。

今回はいいことばかり!うれしい!うれしい!

そして更にうれしいこと 病室が元の病室に戻れた~

ってか集中治療室が満員になってしまったので押し出し・・・って感じだけど

まっいっか。

姑とお昼を食べて私は会社へGO!

20日締めだから忙しいぞ!

と仕事終了後病院へ姑がモロゾフのチーズケーキを買ってきてくれた!

彼が食べたいと連呼してた。

二人でモグモグ食べる。ペースが早い!

あああ太っちょさんになっちゃうよ~

心配なことは・・・声が出ない・・・・喋れるけど声が出ない・・・・

みんなぁ~早く会いに来てね!

彼を刺激してね~


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

11/19 口数

今日もめっきり口数が少ない。

でも質問すれば答えられる。

目の充血は相変わらず・・・・一点凝視をするから目が乾くのかな?

瞬きもしないで一点を見つめ私に一言

彼 「目薬ちょうだい」

そりゃ~目が乾くでしょ~

熱も37.1~37.3

急に彼はペプシが飲みたいと言い出した。

私 「ペプシは・・・・自分で先生に聞いてね。」

ちょうど先生が来てくれた。

彼 「ジュ・・・ジュース飲んでいいですか?」

先生 「はは いいですよ~」

私 「ジュースじゃなくて飲みたいのはアレでしょ!聞いてごらん」耳打ち

彼 「ペッペッペプシ飲んでもいいですかぁ~?」

先生 「はははは  いいですよ~」

やったぁ~と買いに行くのは私・・・・

買いに行くと売店にペプシが売ってない!!

紙コップの販売機にペプシ発見!

買ってそ~っと持って行くと・・・・

看護士さん 「K(彼)さんペプシもう飲んだって言ってます

私 「えええええ?一生懸命持ってきたのに・・・・もう飲んだの?」

彼 「うん」

きっと先生にペプシ飲んでもいいと言われてそれで飲んだ気持ちになったのね~

その後ペプシを堪能したのは言うまでもない。。。。

 

そしてそして

私 「ここはどこだ?」

彼 「北海道」

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

11/18 仕事

久々に午前中だけ仕事

午後には彼の元へ~

彼の状態は・・・少し口数がすくない。

目が充血・・・

夜から食事が出た!おかゆとかかと思いきや・・・

普通食・・・・まぁ2日間だけ食べなかっただけだから心配なしか。

熱が少し上がってきた。

37.3度


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

11/17 様態

今日はお昼を姑と食べに行った。

なんだかんだ仲のいい二人なのかな?

二人で今日の彼の状態が楽しみで仕方なかった。

でも過去の経験上・・・期待しすぎてあんまり良くないなぁ~ってのが続いたので

あんまり期待しすぎるのもやめよう。と思った。

病院へ・・・

よくしゃべる!よく動く!でも頭に管と手首の動脈に点滴がついている為あまり動かせない・・・・

しかし彼はトイレトイレと言って頭を起こす・・・

やめて~~前回みたくなりたくない

*4月9日のブログをご覧くださいm( _ _ )m

私 「私の名前言って」

彼 「たか・・・たか・・・高田・・・たか・・・」

私 「え~?高田?私はTちゃんの奥さんです」

彼 ニヤリ (きっと間違えた!って思ったに違いない・・・)

彼 「 T (私の名前)」

よかった~奇形と一緒に私の記憶が取り出されちゃったらどうしようって不安だった。

でも大丈夫みたい・・・・ほんとよかったぁ~

彼 「猫ヒロシから書類もらいにいかなきゃぁ~」

と突然・・・・

いいよ~どんどんしゃべっちゃいなぁ~


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

11/16 最大の手術 [高次脳機能障害]

今日は彼の手術の日9時15分に手術室へ行くのでその1時間前には病院へ。。。

彼はすでに手術着に着替えてた。

ちょっと不安そう・・・。デジカメの動画に向かって 「 手術がんばってくるね~ 」と手を振った。

そして緊張していると言った。

どうかこの姿が最後になりませんように・・・・・神様・・・・大丈夫9割

彼は10時に手術室へと入っていった。

予定では6時間  姑と最初は5分おきぐらいに時計を見てしまった。

こんな時間が何時間続くのか・・・不安で気が変になりそうだった。

私の両親にも来てくれと頼んだけど父が仕事で来れなくなってしまった。

母だけに電車で来てもらうのはちょっと心配だったので家で待っててと連絡をした。

姑にも申し訳なくて「すいません(私の)母がこれなくて・・・」

姑 「いいのよ~Tちゃん(彼)は私の子だから」って言われた。

・・・・・家族と言う形が私にはもう分からない・・・・・・。

父は心配してくれてチョコチョコ電話をかけてくれた。

そのたび不安で涙が出そうになった。側にいて欲しかった。

父母がいてくれたらどれだけ不安が少なかったか・・・でも乗り越えなくちゃ・・・。

途中 舅も来てくれた。

舅 「あいつは(姑)疲れた疲れたって言って大変なんだ・・・それなのにOO寺に行ってお札もらいいに行って・・・」

って言われた。なんかすべてが重くのしかかる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

6時間・・・・しかし彼は戻ってこない・・・・。

看護士さんに確認してみる。

看護士さん 「手術室から連絡来ないんですよ~私達も待ってるんですぅ~」

その2時間後 手術室から戻るとナースセンターに連絡が入った。

彼が戻った。先生は「うまくいきました」と1言言って集中治療室へ入っていった。

涙が止まらなかった。

姑も泣きながら舅の元へ駆け寄った。

正直・・・誰かに「よかったね。」って抱きしめて欲しかった。

でも誰もいないから一人「ギュー」で我慢した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

術後の説明

先生 「すべて綺麗に取れました。」

取れたものを見せてくれた・・・・・ん?

でかくない?4センチほどのすずめの脳みそほどあるのでは?って思うぐらい大きい。

奇形全部?

先生 「予想をはるかに超えて大きかったです。こんなに大きいのは初めてです。」

あまりの大きさに腫瘍の検査にまわすとの事・・・

検査結果腫瘍がいいのか血管がいいのか・・・どうなの?

 

先生 「たぶん彼は うなずきとかは、まだ出来ないと思います。」

病室の彼がモニターに移ってた。

大暴れだった・・・・・

彼の元へ 

私 「わかる?」

彼 うなづく

 先生~うなづいてるぅ~~~

するともう一つ驚きが・・・左側が動いてる

ああみんなありがとう・・・本当にありがとう・・・・

私 「Tちゃんみんなみんな頑張れって願ってたんだよ~みんなに感謝しようね~」

姑 「私が○○寺に行ってお札もらってきたんだから効かない訳がないのよ!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。